トップ > 採用情報 > 福利厚生 > 子育てサポート

子育てサポート


くるみんマーク取得

2012年2月、アルスは「子育てをサポートしている企業」として、厚生労働大臣から認定されました。
認定により、次世代認定マーク(愛称:くるみん)を取得し、子育てサポート企業であることを広く知っていただくことができるようになりました。


アルスの子育て支援の取り組みについて

アルスでは、全ての社員が、仕事と家庭を両立しやすいように、ワークライフバランス推進の取り組みを行っています。 特に、子育てについては次の4つの目標を掲げ、支援を行っています。

 目標1 子が5歳に達するまでの育児休業制度を導入する。
(育児・介護休業法では休業期間は、子が1歳 or 1歳半迄です。)
 目標2 子を養育する労働者に対する勤務時間短縮制度の適用を、中学校就学の始期に達するまでに拡大する。
(1) 実労働6時間コース(休憩60分)
(2) 実労働5時間コース(休憩60分)
(育児・介護休業法では小学校就学前までの措置となっています。)
 目標3 子を養育する労働者に対する看護休暇制度の適用を、中学校就学の始期に達するまでに拡大する。 かつ、1年間につき20日とする。
(育児・介護休業法では1年間につき5日となっています)
 目標4 休暇取得を促進するため、各人の1ヶ月ごとの休暇計画を作成する。

上記目標1〜3は、子育てを行う労働者の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備、
目標4は、働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備となります。

ページトップへ